台湾華語(台湾中国語)と台湾語の違いは?

台北市や高雄市のMRT

(台湾の地下鉄のことで、捷運(jieyun)ともいいいます)

や、台湾高速鉄道の車内では、いくつの言語で

アナウンスがされているかご存知でしょうか。

なんとその数は4つの言語でアナウンスがされます。

台湾華語。これはいわゆる「中国語」で、

私たちが日本で勉強している中国語で、

まずはアナウンスが流れます。

そのあとには台湾語客家語英語の順番で

アナウンスがされていきます。

台湾を訪れたことのある方は、

このたくさんのアナウンスを聞いた

覚えがあるのではないでしょうか。

今回、台湾で話されている中国語、

すなわち「台湾華語」と、

「台湾語」について紹介いたします!

スポンサーリンク




台湾華語とは

台湾華語は、台湾の公用語として

定められていている標準語です。

一般的には、「國語guoyu」とも

呼ばれています。台湾華語を話す台湾人と、

中国大陸の中国語(普通話)を話す中国人との間では

基本的には会話をすることが可能です。

もちろん発音や一部、表現の違いはありますが、

意思疎通には全く問題ありません。

ただ一番の違いは、文字にあります。

皆さんも台湾を訪れた際に、気づくのは

なにより繁体字で溢れた街の看板や広告ですよね。

この写真の中でも医学という文字が

「醫學」と表記されています。

日本人であれば、どんなに博学な人でも

なかなか容易にこうした旧字体の繁体字を

いきなり書けと言われても

なかなか書ける人はいませんよね (笑)

それでも台湾の人からすると、

朝飯前といったところで

こうした繁体字を日常で使用しています。

台湾語と台湾華語の違い

台湾華語と台湾語は影響し合っていることは

間違いありませんが、全く別の言葉と

考えてもらって、大丈夫です。

台湾語、閩南語を話す一部の福建語出身の

人たちに通じますが、普通語を話す人たちには

通じないこともあります。

我々日本人が、普段勉強することが多い中国語(台湾華語)での

声調が4つあるのに対し、台湾語の声調は8つもあります

台湾語は台湾で「台語taiyu」と言われ、

特に台湾の南に行けば行くほど、

台湾語に遭遇する確率が上がります。

具体例を少し見ていきましょう。

 中国語    台湾語 
谢谢 xie-xie 多謝(トウシャ or ドオシャ)
你好 ni-hao 你好 (リーホウ)
早安 zao-an 好早(ガオザア)

とても中国語とは違っていて、驚きですね!

中国語と違うのは一目瞭然かと思います。

まとめ

中国語を勉強したことがある人でも

ちょっとずつ、台湾語に触れていき、

台湾旅行の際に学んだ台湾語を試してみると、

現地のひとからきっと喜ばれると思いますよ!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!