台湾の2万カ所以上で Wi-Fiが無料で利用可能になりました

台湾では、国が運営する「iTaiwan」無料公衆無線LAN=Wi-Fiサービス)

が、政府提供と他の公共サービスを

合わせて2万カ所以上のアクセスポイントで、利用が可能になりました。
 

台北メトロ(MRT)でもiTaiwanのアカウントで

公衆無線LANサービスへのアクセスが可能です。

既に桃園国際空港では8割が利用可能範囲に達してますし

今後も他の観光スポットや公共の交通機関でのサービス拡大

が期待されますね!

そして現在は、台湾の新幹線(高鉄)も設備整備の最中だそうですよ。

高鉄は既に、8割の車両で公衆無線LANの設置が完了している

ってことなので、もう勢いが止まらないですね。

台湾を旅行中も通信に不自由な思いをすることなく、

より快適に台湾を楽しむことが出来るので、

どんどんエリアが拡大されたら嬉しいです (^^♪

Wi-Fiサービスに関しては、たぶん日本よりも

全然進んでいる気がします。

スポンサーリンク




iTaiwan 利用手続き方法

iTaiwanのアカウント登録は、空港内の観光局トラベルサービスセンターの窓口や、

全国各地の旅客サービスセンターで、パスポートを提示すると

IDとパスワードを記載した用紙を発行してもらえます。

これで「iTaiwan」のアカウント申請手続き完了。

アカウント開通後は、「iTaiwan」のステッカーが貼られている

全国各地のエリアで、・スマートフォン ・無線LAN対応ノートパソコン

・タブレットPCなどで「iTaiwan」の無線ネットワーク名を選択してから

アカウント番号とパスワードを入力すれば利用が可能となります。

旅行中でも家族と無料通信が出来れば安心ですよね!

「iTaiwan」を登録申請をすることにより

★台北市政府の「Taipei Free」

★新北市政府の「New Taipei」

★台中市政府の「iTaichung」

★台南市政府の「Tainan-Wi-Fi」

など、地方自治体が運営する無料Wi-Fiシステムを利用することも出来ます。

限られたエリアでのみ、利用可能という弱点はありますが、

手続きが一度で済んで、いろんな場所で通信が出来るのは

本当に助かります。

台湾に旅行に行ったら、手軽に使えるWi-Fiサービスを

利用してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!