中国語電子辞書

外国語の勉強をするうえで、無くてはならない必須アイテム。

それは「辞書!」ですよね。

書籍タイプの太~い辞書が好きな方もいますが、軽くて持ち運びに便利で

調べる速さが圧倒的に違う「電子辞書」も一台持っていたいですね。

私も中国語の勉強を始めたときに電子辞書を買いました。

もう今となってはメッチャ古いです。

Canon wordtank V903(2010年4月19日販売終了)

2008年に販売された電子辞書なのでもう10年近く所持しています。

白黒ですよ。カラー液晶ではありません。そんだけ古いやつです( ;∀;)

結局、使う所はほぼ決まっていたので(日中⇔中日ぐらい)

せっかく他の機能もたくさんあったけど、

ほとんど使いこなせてはいませんでした・・・

壊れてはいないので、実際はまだまだ使えるのですが、

中国語勉強再開に向けて、新しく電子辞書を購入しようかと

思ってしまいました・・・

最近の電子辞書ってのは、液晶がカラーだったりするし

電子辞書に入っている情報量が、てんこ盛りだし

どれを選んでいいか分からないですよね~

Canonか、カシオかなーってくらいの感覚だったので

ちょっと調べてみました。

もう少し辞書選びに時間はかかりそうですが

多分、買うならこれかも知れません。

XD-Y7300 カシオ 電子辞書 EX-word 2016モデル

2016年モデルですが、2017年モデルと違う点は

2017年モデルの方は、英語のコンテンツが充実しているみたいです。

価格は、大体¥5000くらいの差です。

XD-G7300 カシオ 電子辞書 EX-word 2017モデル

私は英語はやらないので(笑)、2016年モデルで十分かなぁ。

買ってしまえばやるしかない! カラー液晶ってのが良いですね。

やっぱりカラーに憧れる・・・

少しでもヤル気UP! に繋がるアイテムがあれば頑張れそう~(*´ω`*)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメント

  1. お節介じい より:

    Canonは昨年まで使っていましたが、充電式なので海外に行く場合、変圧器を持ち歩かなければならず、旅行者向けではありません。それに立ち上がるまで、やたら時間がかかるのでイライラします。いわゆる小さなパソコンを持っている感覚です。おまけに故障が多くて、今まで何度も修理に出しました。修理代が結構かかります。最後に修理した時は2万円以上かかりましたが、直ぐそのあとに一年たたずして、また故障しました。そこで見切りをつけて廃棄しました。Canonはコンテンツが豊富なので実務者向きですが、使い勝手はかなり悪いです。今はCASIO EX-word XD-Y7300を愛用してます。一応満足しています。画面ですが、私はカラーにはこだわりませんでした。要は使いやすさです。この辞書の良いところは文章を機械音声で読み上げてくれることです。これは単語や成語の暗記に便利です。それにオプションに外付けのハングルソフトがあるので、朝鮮語辞書としても使えます。もちろんハングルも読み上げてくれます。

    • さくら より:

      コメントありがとうございます。

      やはりCASIO EX-word XD-Y7300は
      使いやすそうですね。
      この辞書だけで、中国語の会話勉強が
      十分出来そうな気がします。
      音声読上げ機能も魅力ですね!
      やっぱり買換えるならXD-Y7300になりそうです
      貴重な情報ありがとうございました^^